査定額で怒らない

ブランド買取店に品物を持ち込むと査定がおこなわれます。

品物の状態を見極めて、引き取る値段を決めるわけですが、この結果に納得がいかずに怒りだす人がいますが、そのような行為はやめましょう。
ブランド買取店では基本的に定価より安くなることが当然です。
たとえば定価が10万円の品物であっても、査定価格は8万円などになってしまいます。
これは新作のバッグなどで新品同様だった場合のケースですから、発売から時間が経っていれば、たとえ状態がよくても値段はもっと下がります。
怒る人というのはたいていの場合、発売から間もなく、新品同様の品を持ち込んだ場合に多いです。
新品同様であったり、未開封であったりすると、ほぼ定価で引き取ってもらえると思い込んでいるようで、査定価格を聞いて激怒するわけです。
しかし、たとえ未開封であったとしても、一度でも誰かの手に渡っている以上はブランド買取店では中古品の扱いとなってしまい、価格もそれにふさわしいものになってしまうのです。
ブランド買取店では定価で引き取るということは絶対になく、どんなに状態のいいものであったとしても、その査定価格は定価より下になるということは必ず覚えておくようにしましょう。

Bookmark the permalink.

Comments are closed